病気に感謝!!全てはきっかけになる!!

こんにちは!

夕日が綺麗ですね〜〜〜!!

って、夕日の下で書いてる僕にしかわからないことか・・w

さて、

前回の続き的な内容になりますが、

今回、胃痛で病院に通って、結構しっかり検査して、

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝炎、膵炎、胃がんなどなどの可能性を聞かされ、

脅されてたわけですが、

結論から言うと、大きな病気は見つからずよかったです。

で、そこで、何を感じたか。

僕は今まで物心ついてから、

病気といった病気にはかかったことがありません。

インフルエンザはもちろん、発熱したことすらありません!

で、めちゃくちゃ大袈裟に言うと、

今回始めて病気らしい病気になったわけで、

(結局原因はストレスっぽいので、病気と言えるかは不明ですが)

検査の過程で、【がん】【重篤な大きな病気】の可能性の説明もされて、

本当に大袈裟な話、色々考えたわけですよ。

人生、なんのために生きてるのか、

なんのために仕事をしているのかなんてことをね。

重い話でもなく、軽〜〜〜〜〜く、

もしも死ぬことになったら・・なんてことも考えたんですね。

多分皆さんも一回くらいは考えたことあると思いますけど。