top of page

〜ダイエット総論③摂取カロリーを抑えよう〜

更新日:2021年2月17日

どうも。


さすらいの麻婆豆腐マニアのよっしーです。


今回は摂取カロリーと消費カロリーのバランスを整えるために出来ることをお伝えしていきます。



おさらいですが、


消費カロリーは

1.基礎代謝(約60~70%)

2.生活活動代謝(約20~30%)

3.食事誘発性熱産生(約10%)


の3つによって構成されています。



摂取カロリーは

もちろん口に入れるものです。


光合成とかで栄養を補給されてる方はここでは除外させていただきますね。


摂取カロリーとはつまり、生命維持のために糖質・たんぱく質・脂質などを摂取することで得られる熱量ですね。

このエネルギーで体を動かしているわけです。


食事で摂取した各栄養素1gあたりに含まれるエネルギー量は


炭水化物:4キロカロリー

脂質:9キロカロリー

たんばく質:4キロカロリー


なので、脂質が1番エネルギーを得られるということですね。


ただ炭水化物は脳や筋肉のエネルギー源として消費されやすいという特徴があるようです。

エネルギーに変換される速度も速いんですよね。





さてここで算数のお時間。


ダイエットの目的は脂肪を減らすことですので、


脂肪1gあたりのエネルギー量が9キロカロリーということは、

1キロの脂肪を燃焼させるために必要なエネルギーは9000キロカロリーということになるのですが、

実際はこのうちの80%でいいそうなので、


7000〜7200キロカロリーのエネルギー消費というのが目安になります。


めんどくさいので、1キロ痩せるには7000キロカロリーが必要と覚えてください。


キロカロリーって何度も口にしてたら容易に噛んでしまうので、是非一度お試しください。


しかし以前お伝えしたように、カロリー計算はなかなかに難しく、

この数字通りにやっていてもなかなか痩せないという声が多いのという現状もありますので、

この辺はあくまで

ただの目安

として考えていただきたいです。




では本題ですが、まずは


「摂取カロリーを抑える」


ために出来ることの代表例を紹介していきます。



「三角食べではなく、懐石食べ」


これですよこれ。


そう、三角食べとは、小学校の頃に先生から言われたアレです。


三角形を描くように一つの皿のものを少量食べたらすぐ次の皿、すぐ次の皿へと点々としていく食べ方ですね。


これはダメ。


懐石料理やコース料理のように、一つの皿のものを全て食べ切ってから次の皿へと移行するのが懐石食べです。


特に最初に食べるべきなのが、サラダなどの食物繊維の多いものです。


野菜→タンパク質→脂質→炭水化物の順番が理想ですね。


食物繊維は吸収を緩やかにしてくれるので、後から入ってきた脂肪や糖質の吸収を抑えてくれます。


ここで注意すべきは、食物繊維を取り込みたいので、よく噛んで食べる、ということですね。


あまり噛まずに食べると食物繊維ではなく、野菜そのままの姿になってしまうので効果は半減です。


よく噛むことで満腹中枢を刺激して早めに満腹を感じるという利点もあります。

同じ理論で、ゆっくり食べるのもありですね。


こいつは助かるぜ。



是非一度お試しください。


効果のほどは保証しません。


おっとここで文字数制限が…


消費カロリーを増やす方法についてはまた次回やっていきますので乞うご期待。


それでは皆様ご機嫌よう。








最新記事

すべて表示
bottom of page