〜生活習慣病と老衰について〜

どうも。


花粉症なんてものがこの世になければ、花見のシーズンはもっと心がウキウキしているのにでお馴染みのよっし~ブログのお時間です。


さて今回はチヨ婆さんとのロマンス物語の話は一旦隅に置いといて、生活習慣病と老衰の話をしていきたいと思います。


そもそも生活習慣病とはもともとは成人病と呼ばれていました。


しかし成人のみが罹患するわけではなく、病気そのものが若年齢化してきたこともあり、1996年から生活習慣病と言う呼び方に変わりました。


定義としましては

「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症・進行に関与する疾患群」

と言う感じになっているらしいですよ。

このことからもわかるように成人がどうとかはあんまり関係ないってことですよね。

もっと言うと生活習慣のみならず遺伝要因や外部環境要因など複数の要因が関与しているともされています。

細かく見ていくと、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化、高尿酸結晶などなど、非常に多岐に渡ります。



さらに生活習慣病を複数抱えると抱えるとメタボリックシンドロームと呼ばれる症候群に陥ることにもなります。


さてそれでは日本人が実際にどの病気でなくなっているのかを統計的に見ていきましょう。

2019年の日本人の死因に関するデータでは

1位 がん 27%

2位 心疾患 15%

3位 老衰 8%

4位 脳卒中 7%

5位 肺炎 6%

となっております。

え?

ちょ、

ちょ待てよ!