〜指値・成行のメリットデメリット〜


どうも。


平成最後の脱臼王ことよっし〜です。

ちなみに誰も呼んでくれません。


肩が外れたシチュエーションは数知れず。

バスケ、フットサル、ボルダリング、ホエールウォッチング、シュノーケリング、スノボー、サーフィン、就寝中、雑巾掛け(ギリギリ未遂)、

あとたぶん色々。


左右合計での脱臼回数は軽く20回を超えるでしょう。


ちなみに自分でもすごいなと思ったのは、友人とやってたビーチフラッグスで左肩が外れた時のエピソードなんですね。


ビーチフラッグスならばさぞかし旗に向かって飛び込んだ時に外れただろうと予想するでしょうが…


ところがどっこい。


笛が鳴って起き上がって振り返るその瞬間に肩が外れました。

痛がりたいのは山々、しかし勝負は始まっているのでどうにかしないとと思ってそのまま走りながら自分でハメました。


あの時は流石に自分を尊敬しました。

あれがもし動画に残っていたら軽く1000万再生はいってたでしょう。

でおなじみのよっし〜です。

さあここまでのすこぶるどうでもいい内容を読んで後悔した人もいるでしょうが、そんなあなたは置いていきます。


今回は株の注文方法である

・指値

・成行(通称苦い青春の思い出)


のそれぞれのメリットデメリット、そしてケントデリカットやパペットマペットについて簡単に触れていきます。