〜個人と法人の税金の違いがついに明らかに?

どうも。

中田あっちゃんの8番煎じことよっし〜ブログのお時間です。

さてそれではお待ちかねの個人事業主と法人の税金の違いについて触れていきます。

個人事業主が支払う税金は

「所得税」

「住民税」

「消費税」

「個人事業税」

の4種類なんだそうです。

法人の場合は税金は

「法人税」

「法人住民税」

「法人事業税」

「地方法人特別税」

「消費税」

「固定資産税」

と最低でも6つだそうです。


細かくみていくと頭が痛くなりそうなのでざっくりいきましょう。

個人の所得税についてですが「累進課税」って聞いたことありますよね。

収入が上がるほど納めるべき税金は増えていきます。

年収が195万以下だと5%で済みますが、年収4000万を超えると最高税率として45%もかかるんですね。

厳密にいうとこれに住民税が10%加わるので、15%~55%は払わないといけない計算になります。

「稼いでも半分持っていかれる」と嘆くプロ野球選手がよくいますが、まさにこのことですね。

細かい税率が知りたい方は調べてみてください。

筆者の投稿より100倍詳しくてわかりやすい記事が死ぬほど出てきますので。

では法人はどうでしょう。

計算が大変だったので

「法人税」