top of page

〜上場のデメリットとは〜

更新日:2021年3月28日

どうも。


今回の今更聞けない○○シリーズはと言いますと、


今更聞けない

「上場のデメリットとは?」

です。


上場することのデメリットとは何なのか?


前回の投稿の最後の部分で触れた株主側のメリットの部分に深く関係してくるんですが、

経営の自由度が制限されてしまうんですね。


株主総会では情報開示義務もありますから、仮に企業の経営状況が悪かったとしても株主に対して嘘はつけません。


株主の顔色を伺いながら、文句言われないかヒヤヒヤ…

株式総会前になると胃が痛くなる、なんて経営者もいるとかいないとか。


社長の苦労、社員知らず


とはこのことです。

そして議決権なんてものがあるから、人の意見にいちいち左右される可能性もあるわけです。


単純計算で51%の株を保有してる人がいたらその人の意見で決まってしまいますからね。

もしその人がバナナ嫌いだったら食堂からバナナが消えるわけです。

こうなると一大事です。




よっしーの夢はAmazonの株と議決権を50%買い占めて、どんな議論に対してもYESとNOを半分ずつ投票して、全く意味のない時間を過ごすことです。


ジェフベゾスから

「あいつホンマどうにかしてくれへん?」

って言われたいわけですよ。


そう考えると、一般的な企業は自社株の半分をちゃんと保有してることの意味がわかりますよね。


さらに、株式を買い占められることによる買収というリスクも生じてきます。

厳密にいうと株式を買い占めた金額がそのまま買収額になるわけではないようなんですが、


つまり…


ちょっと何言ってるかわかんないですよね。


さらに、間接部門の肥大化とそのコストという問題も生じます。


前述の通り、上場には厳しい審査があるため、上場企業であり続けるためにはそれ専用の間接部門が必要であったり、監査法人への報酬が必要であったり、ラジバンダリ。

この辺の人員とかコストが結構な負担になってくることもあるそうです。


名前は明かせませんが、日本のある有名な実業家である○リエモンさんも自身のYouTubeチャンネル内で


「上場なんてあんまりやる意味ない」


といった趣旨の発言もされていましたので、上場についての考え方は様々ですね。



実際に日本でも超有名なのに非上場な大手企業もあります。


これも余談ですが、中国の大手IT企業の○ア○ウェイという企業は、親族経営という背景などもあり、非上場なんですよね。


但し、合コンでモテたいなら上場会社に勤めるのは得策であるとここに断言しておきます。

そういえばよっしーの知人であるKT氏は金融機関に勤めているのをいいことに、毎週末は合コンで無双しているとかしているとかしているとか。


よっしーが勤めている企業もそろそろ上場するって話を聞いたんですが、どうなんでしょうか。

YASHINOKIっていう企業で代表がすごいイケイケなんで期待してるんですが…

よっしーの合コンの行方を左右するのでとても大事なことなんですよね。


さてこんなところでいかがでしょうか?


次回は取引所の特徴とか企業数とかをさらっと掘っていきたいと思っております。


それでは皆様ご機嫌よう。





最新記事

すべて表示

3 Comments


GAFAも上場してませんので…笑

Like
Replying to

そうだったのか!!そういえばアップルはよく聞きますね!

Like
bottom of page