top of page

〜テンバガー?何それ美味しいの?〜

どうも。

三度の飯より麻婆豆腐が大好きでおなじみのよっし〜です。


今回の今更聞けない○○シリーズはと言いますと、


今更聞けない

「テンバガーとは?」

です。


皆様「テンバガー」という言葉をご存じですか?



先に述べておきますが、確実にテストには出ません。

知っててもそんなに得することもないでしょう。

なのでここから先は、人生の中の貴重な2分間を無駄にしてもいいという人だけ読み進めてください。


さてこの「テンバガー」とは、株式用語として一般的に用いられておりまして、

以前、時価総額が低い企業の方が差益での収益を上げやすい、なんて投稿をあげたと思いますが、そこにもつながってくるワードなんですね。


テンバガーとは、

「短期間で株価が10倍以上に上がるような現象、もしくはその銘柄」

のことをいいます。


語源に関しては野球用語のスラングからきているようなのですが、野球なんて肩が外れそうで怖いので触れないでおきます。


もちろん、前述のように時価総額は比較的小さい企業にテンバガーが多いため、合コン1軍である東証一部上場企業などにはほぼいません。


一応目安としては時価総額で200憶円以下、という意見もあるようです。

また、数カ月で10倍以上の価格上昇を記録するケースと、数年かけて徐々に上昇するケースがあるそうです。



これまで出現した代表的なテンバガー銘柄ですが


・フューチャーベンチャーキャピタル株式会社:約1年で16倍の株価を記録

・日本M&Aセンター:約7年で40倍の株価を記録

・セリア:約5年で70倍の株価を記録

・さくらインターネット株式会社:約2カ月で10倍の株価を記録

・デイップ株式会社:約4年で17倍の株価を記録

なんてものがあったそうです。

夢がありますね。 これらをちゃんと見極めることが出来ていたならば、一生バナナに困ることはなかったでしょう。


一応テンバガー銘柄を見つける特徴なんかもあるにはあるみたいですので、気になる方は調べてみてください。


投資のスタイルは人それぞれなので、一発逆転を狙ってテンバガー銘柄を積極的に探しましょう、なんてことはいいませんし、投資はあくまで自己責任なのでその辺はご了承ください。 今回は単なる用語の説明です。


ちなみにどうしてもテンバガー候補銘柄が知りたい、というそこのあなたにここだけの話。

筆者のおススメはYashinokiという銘柄です。


IPOでゲットできた日にゃ〜数日で10〜20倍の値上がりは硬いと硬くないとか。


機会があったら探してみてください。

それでは皆様ご機嫌よう。




閲覧数:13回4件のコメント

最新記事

すべて表示

4 Comments


見極めてください!!! お願いします!!!!

Like
Replying to

ANTINUE株トレっていうすごいサイトがあるんすよ💩

Like

テンガバー銘柄見極められたらかっこいいですね!

Like
Replying to

夢ですよね💩 見極めれる人見つけたいです💩

Like
bottom of page