お前のこと言ってんねんで理論

更新日:2021年1月17日

自分でも面白いタイトルを思いついたと思っている。w なにを言ってんねんと思う人はぜひ読んでくれ。 お前にも言うたるわと言う人もぜひ読んでくれ。 要するに読んでくれ、世界平和のためだ。 今日は『お前のこと言ってんねんで理論』についてブログを書いていく。 よく思うことがあって、なんで相手は自分の話を聞いてくれないんだろうと。 自分で例えると興味がない話は全く聞く気がないってことだ。 要するに話に興味を持ってもらっていないのだ。


セールスマンで言うと全然興味のないお客さんにどんだけ効果・効能を伝えてもその人が購入するわけがない。 なぜなら自分に関係のある話をされていると思っていないからだ。 例えば、南米の聞いたこともない国で地震が起きた。 あー大変だなーで全然自分には関係がない話である。 でもこれが大阪で地震があったら南海トラフだとかいろんなことが心配になる。 『要するに人間は自分に関心がないことには全く耳を傾けないのである。』 そんな相手にどうやって、お前のことを言ってんねんでと気づかせるかが本当に重要である。 それが僕が思う耳を作るという行動になると思っている。 例えば、ビジネスを人に進めるときに1億円を稼いでる人の話をしたって、すごいねーで終わってしまう。 でも月に5万なら私にもできるかもって思うかもしれない。 このままで良いとか現状に満足している人がいて、何を言っても首を縦に振らない人がこのスイッチを押すだけで100万円がもらえるって言ったらほとんどの人が押すはず。 これはこんな簡単なの??って思ったからだ。 要するに自分にもできるかもって思わせってことだ。 ポイントは自分の話を聞いてもらいたい時は、相手がいかに自分事として聞いてくれるかが重要である。 ぜひ試して見てくれ。